セブ島で朝活イベントを主催しました! 〜活動方法と感想、次回の構想〜

3月の1週目、2週目と、セブ島で朝活イベントを主催したはな(@hana8787hanae)です。です。

2週連続でイベントを行い、のべ16名の方に参加していただきました。ありがとうございました!

まだまだ改善点もあると思いますが、私がどんな思いで活動をしたか、この活動で得られたこと、次回福岡でやりたいことを書きます。

主催したセブの朝活【目的】

私が決めた活動の目的はこんなものでした。

『参加者同士で意見交換し、いろんな人の価値観に触れる会』

セブに来る、というか長期で日本を離れる人は、何かしら大きな決断(仕事を辞める、大学を休学するなど)をしている人が多いです。

セブへ来た日本人が、どんな気持ちで日本を飛び出したのか、どういうキャリアを歩んでいるのか、セブについてどんな風に感じているのか、、、それを探るべく、会の目的を決めました。

参加者はほぼ私の知り合い。しかし、参加者同士はほぼ「はじめまして」状態。

みんな多種多様な意見を持っているので、みんなの考えを共有できたら楽しそうと直感的に思いました。

そして、参加者が「楽しかった」と感じてもらえる会にするため、いくつか自分なりに配慮もしてみました。

セブの朝活で私なりに配慮した3つのポイント

みんなが発言できる環境づくり

こういう会をすると、自分から話せる人と、発言したくてもなかなか話せない人が出てきます。

まあ、セブにいるちょっと積極的な人はガツガツいく人が多めなのですが。

特定の人の話に偏らず、できるだけみんなの思いをシェアできるように、1人ひとりにフォーカスする時間を作りました(ちなみに各メンバーの話が間延びしないよう、タイムキーパーもしました)。

話したい人と話せる雰囲気づくり

1回目の会は10人集まりました。

10人いると「この人の話を聞いてみたい」という特定の相手ができることが多いのではないかと思います。

そんな「自分が興味を持てる人」と深い話ができるように、活動自体は1時間ちょっとで終了し、あとはフリートークできるようにしました。

休日の朝からちょっとテンションが上がる場所をチョイス!

朝から早起きするのはちょっとめんどくさいですよね。しかも週末。

なので、場所もちょっと考えました!

朝活の舞台として選んだのは、セブ市内のセブウォーターフロントホテルセブシティーカジノです。

外観は「ここは本当にフィリピン?」と疑うほど美しく、まるで宮殿。

排気ガスや人々であふれる道から1本入るだけで、別世界を味わえる空間です。

たまたま友人とここのラウンジを利用したときに、優雅なクラシック音楽やフィリピン人のサービスに触れて「ここかなりいい場所だな」と思いました。

しかも、ラウンジのカフェだとドリンク1100ペソ(200円)~飲めてしまいます。

朝から少しおしゃれして足を運ぶにはぴったりの場所だと思い、ウォーターフロントホテルで開催することに決めました。

実は昨日、コミュニティー作りの本を読んだのですが、独自で考えたはずの上の3点が本に書いてあったことと割と近かったです。自分のやり方は正しかったんだと思えました。

本を紹介してくれたなおさん(@naoroom772)ありがとうございます!

セブの朝活タイムテーブル

2回のタイムテーブルはざっくりこちらです。

【1回目】

・自分のキャッチフレーズを決めて自己紹介

・キャッチフレーズに対し、周りの人からの質問に5分間答えまくる

【2回目】

・自分のキャッチフレーズを決めて自己紹介

・周りの人に伝えたいテーマを自分で決め、1分間プレゼンを作成

11分ずつプレゼン、それに対して5分間の質問タイム

キャッチフレーズを使った自己紹介って何?

普通、自己紹介というとやり方は人それぞれですよね。

長々話す人、出身地や仕事だけをさらっと述べる人などいます。

なので、みんなが同じくらいのボリュームでコンパクトに紹介してもらうという目的で、キャッチコピー形式にしました。

これって、初めての方は結構苦手だと思うので一応例も用意しました。

例、はなの場合)

セブ歴約1年。フリーランスとしてライターなどの仕事をしながら日本とセブをうろうろしており、先週マクタンのホテルでプロポーズされた、はなです。

キャッチフレーズとしては長いですが、これが自分を宣伝する自己紹介となると何を言おうか結構考えますよね。

このとき考えて出て来た言葉は、今その人の興味があることと重なります。

「自分が何者か」を断定するのって、ちょっと怖いです。

でも、自作のキャッチフレーズである種の「暗示」をかけることによって、さらにその通りの自分に近づいていくんだろうなと思います。

参加者のみんなのキャッチフレーズ発表は、まるでテレビ番組の自己紹介のようでした!

みんなのプレゼンの内容とは?

2回目の朝活では1人1分間プレゼンをしてもらいました。

プレゼンのお題は「参加者のみんなにシェアしたい自分の興味や関心について」

要するに、テーマは自由です。

参加者のキャッチフレーズ発表で周りの人がどんな人かを少し知った上で、周りの人が関心を持ってくれそうなことや自分の得意分野について話をしてもらいました。

当日の話題はこちら!

    • 海外就職から学んだこと
    • 元俳優が教える、だれでもできる自己表現の仕方
    • 地元沖縄の問題点と今後やりたいこと
    • クイズを用いて考える「選択肢を捉えること」の大切さ
    • インターン先で主催している朝のラジオ体操の目的と効果

これだけ見ると全く共通点がありませんね(笑)。

でも、それぞれ熱い思いを持っている分野なので聞き応えがありました!

今回のセブの朝活で得られたこと

参加者の詳しい意見は入っていないので主観ですが、個人的にこのイベントで得られたことをまとめました。

今まで知らなかった人の考えを深掘りできた

先ほど紹介したように、参加者はほぼ全員私の友人でした。

友人たちとは日常的なことは話しますが、深い話題ってなかなか話すことが少ないかなと思います。

でも、今回「プレゼン」という形で自分の決めたテーマに沿って発表してもらったことで、メンバーからあまり聞けない深いことや得意分野についての話を聞くことができました。

聴く力と質問力が上がった

プレゼンをしたあとに1人に対し5分間ずつ質問の時間を作りました。

聞く方としては「何か質問しなきゃ」ということで、話をよく聴くし、それに対して疑問を持つという力も生まれたかなと思います。

参加者同士のコネクションが生まれた

初めて会う人の意見を聞いたり質問をすることにより、相手についての興味が生まれます。それを、新たな仲間づくりに繋げることができました!

こういう活動に参加する人は「面白い出会い」を求めているケースが多いので、そこに関しては還元できたかなと思います。

これらの朝活は、今までのカフェ会の反省を活かしたつもりです

これまでも、福岡で小さいイベントをやったことがあります。

【2018年に主催したイベント】

この2つの会を主催して学んだのは、ある程度話すテーマを決めておかないと学びがないまま終わるということです。

旅好きの会では、いくつかのお題に対してみんなのやり方や考え方を聞いてみましたが、人前で話せる人と話せない人がいたなという印象がありました。

ナースカフェ会では、バックグラウンドが違う看護師6人が集まり、意見交換には有意義な機会だったのですが、

興味や専門分野が違いすぎて、全員が何について話したらよいか路頭に迷うという羽目に

せっかく面白いメンバーが集まったのにもったいなかったなぁと今振り返っても思うんですよね。

なので今回は、それぞれの参加者にスポットライトを当て、そこを切り口に思いを聞くようなスタイルにしました。

こういう会は主催者の色が出るのかなと思いますが「主催者は表に出ない!」というのも必要ですね。

参加者が個性的で面白かったので、周りの人の話をうまく引き出すだけで楽しかったです。

全員の感想は聞けていませんが、少なくとも2~3人からは参加してよかったと言っていただけました^^

セブで登壇したトークライブの反省ブログはこれ。

実現しました!〜セブのあの人とトークライブ〜@storyshare

やっぱり何人かで企画すると成功率が上がります!!
2019年、フリーランス女子4人で企画し、成功といえるイベントはこちら。

2019年1月フリーランス女子会、無事に終了しました♬

福岡でも何かコミュティーを作りたい!

せっかくなので、福岡でも継続したいなと考え中です。

今回のようなプレゼン形式も楽しそうだし、本を用いた読書会も面白いのかなと思います。

軸となるのは「周りの人の思いを探り、みんなが主役になれる会にする」ということ。

もう4月。新しいシーズンも始まるのでいろいろ考えたいと思います^^

【現時点でやりたいこと】

  • セブに4回計12ヶ月滞在した私の伝えたい、セブの魅力〜留学と観光と仕事と出会い〜←たぶんやります。
  • 読書会
  • 看護師お茶会
  • 障がいのある人と気軽に話す会
  • 私たちのプロポーズ話を公開するお茶会
The following two tabs change content below.
hanablo

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。

ツイートしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。