はなのプロフィール

こんにちは!

アラサー 鹿児島出身の、はなです!
以前は、はてなブログで記事を更新していましたが、海外から日本に戻ったのをきっかけにワードプレスでブログを作り直しました。

改めて、私の紹介をしたいと思います。

1.子どものころ

私は、南国鹿児島生まれ、鹿児島育ちです。
どちらかというと厳しい両親の元に育った私は、「親や先生に言われることが全て正しい」と思っていました。
物事を人から言われた通りにやる、いい意味で「模範的な子」、逆に捉えると「自分の意見がない子」だったと思います。

2.初めての人生の転機は高校3年生〜大学時代

そんな私がちょっぴり違う世界をみたのは、高校3年の大学受験のとき。

人に言われるがままに生きてきてなんの特徴もない私は、受験の面接練習のときに自分の長所を自分の言葉で語ることができませんでした。それに対し、クラスメイトは自分のやってきたことを自発的にのびのびと意見を述べていました。
(リンクをはる)

「このままじゃ、みんなと同じだ。なにか人と違うことをしたい。
自分の生き方や思いを大切にしたい」と決意。

1回目の大学受験には失敗したけど、入学した看護学校では学校内外でいろんな係やボランティア活動に参加し、自分の活動範囲を自分で広げることを覚えました。

その甲斐あってか、念願の大学編入試験へ合格。
大学生となり、さらに活動範囲を広げ、一時期は3つのボランティアサークルと3つのアルバイトをかけもちするほど忙しい学生生活を送りました。

3.看護師デビューを果たす

大学を卒業後、総合病院の看護師として勤務しました。
もともとマイペースな性格なので、忙しい病院で働くのは大変でした。

勤務先はなんとICU。大きな手術や病気の後の患者さんをみる中でピリピリした状況が多く大変でしたが、学ぶことは多かったです。
「人生、なにがあるか分からない。だからやれるときにやりたいことをやるべき」というのは患者さんに教えられた気がします。
ですが、「ずっとここで働くのはなんか違う気がする」という思いを抱えていたので、4年で退職することに。

4.医療の世界とは全く違う「ゲストハウス」での仕事

看護師を辞めることを決めたあと、たまたまFacebookで「ゲストハウス スタッフ募集」の記事を見ました。

「自然に囲まれた場所で過ごすのはリフレッシュできそうだし、いろんな人と出会えるかも」と思った私は、医療職とは全くちがう観光業に携わってみることに。

ここでの出会いで人生が変わりました。

ワーホリ経験のあるスタッフや、海外から帰って来た日本人のゲストさん、日本語がたどたどしいながらも一生懸命働く外人スタッフと触れ合うことで、それまで心の中に秘めていた「海外で生活してみたい」という思いが次第に大きくなっていきました。
(リンクを貼る)

5.「私も海外に住んでみたい」

阿蘇で過ごした3ヶ月の出会いをきっかけに、海外へ住んでみることを決意。

2015年 フィジー留学4ヶ月
2016年 オーストラリアで1年間ワーホリ
2017年 フィリピンセブで2ヶ月の留学と3ヶ月のゲストハウススタッフ

この経験を経て、2017年8月に日本へ帰国しました。

6.帰国して、今は福岡で今後の働き方を考え中

海外を飛び回っていた私は、もちろんまだ地元・鹿児島に止まりたくはありません。かといって、とりあえず日本に住みたかった私は、知り合いがたくさんいて地元にもすぐ帰れる場所「福岡」へ移住しました。

海外生活で使いきったお金をしっかり稼ぐため、看護師のバイトを始めました。一方、セブで毎日ブログを書くことで身につけたライティングスキルを活かせる仕事を探して奮闘中していましたが…

7.セブにライターの仕事があると聞き、再びセブへ

友人から「セブでライター募集しているよ」と聞き、セブに戻ってきました。

これは、3年ぶりの日本の寒さに怯えていた私にはベストタイミング!

現在もライターとして記事を書きお小遣い稼ぎをしながら、セブでのんびりと生活しています。

このブログでは、アラサーの女性が自分の生き方を模索する様子や海外生活で学んだこと、私個人の好きなことを書いていければと思っています。

よろしくお願いします^^