家族連れやカップルにおすすめ! 大分県別府市にある大型レジャー施設”杉乃井ホテル”へ宿泊してきました。

先日誕生日を迎えました、はなです。

数週間前、相方から誕生日祝いに何が欲しいか聞かれたので、「一緒に旅行したい!」と伝えました。いろいろ候補はあったのですが、飽きるまで温泉に入りたい&プールのウォータースライダーで遊びたいという2つを満たしてくれる場所として、大分県別府の杉乃井ホテルへ宿泊しました。

私は3回目の宿泊だったにも関わらず、スタッフのサービス精神と超充実したレジャー施設にはやっぱり感動!行ってよかったです。この記事では、杉乃井ホテルの魅力をお伝えします。

大分県別府市にある杉乃井ホテルとは

杉乃井ホテルは、大分県別府市で最大規模のホテル。大浴場「棚湯」や、水着で入れる野外型温泉「ザ アクアガーデン」、全天候型プール「アクアビート」など、さまざまな世代が楽しめる施設を有しています。なんと、総客室数647室、総宿泊客数2,914名!”ホテル界の王様”と行っても過言ではないくらい大きなホテルです。

参考:杉乃井ホテル公式ウェブサイト

1泊2日の杉乃井ホテル滞在、私流!モデルプラン!

ここからは、私の楽しみ方を元に、ホテルで何が楽しめるか紹介します。
ホテル滞在時間はなんと20時間!!

18時 杉乃井ホテル到着→チェックイン

ホテルへ到着したらまずはチェックイン。なのですが、、、ホテルが大きすぎてどの駐車場に車を停めるるべきか少し迷いました。宿泊者専用駐車場からホテルまでは歩いていけますが、坂がある&雨が降っていたので巡回バスを利用。

バスは、乗客が3人くらいだったとしてもすぐに出発していました。待ち時間なしです!

チェックインカウンターでは、受付のお姉さんが地図を見せながら館内案内をしてくれました。お姉さんが可愛くて優しくてほっこりしました。

19時 和食レストラン「花水木」で会席料理

夕食を予約していたので、部屋でゆっくりする暇もなくレストランへ。

杉乃井ホテルの食事は基本的にバイキングです。しかし、追加料金を払えば和食会席もしくは、イタリアンコースへ変更できるとのこと。この日は10月の閑散期だったので、プラス1,000円でグレードアップできました。時期により追加料金は異なるようです。

一品ずつ運ばれてくる懐石料理をゆっくりと味わいました。

神無月のコース5品目”煮物 豊年蒸し”アワビ、ウニ、イクラ、エビの入っている贅沢な一品

バイキングはいろんな料理があって楽しいです。でも、目の前にいろんな料理があることに興奮してしまい、食べすぎてしまうこともあります。ゆっくりと、お腹にちょうどいい量を食べたい方にはコース料理がおすすめです。

秋らしい食材がふんだんに使ってあり、見た目も味も楽しめる和食。たまにはこういう贅沢な料理を食べるのもいいなあ。

デザートが出てきてもう食事もおしまいかーと思っていたところで、なんとスタッフが誕生日サプライズのケーキを運んできてくれました!

ケーキは見た目も味も最高!

可愛らしいバラのデザインが、ケーキを際立たせてくれています。メッセージ付きの素敵なデザートプレートでした。

ちなみに、このサプライズデザートは無料で出してもらえたとのこと。しかも当日オーダー!ありがたすぎて、言葉が出ませんでした。ケーキの量も満腹のお腹にちょうどよくて、大満足。

21時 ゲームセンターでちょっと遊ぶ

ゲームセンター横にあった、ハロウィン仕様のバルーンアート

宿泊者特典で、ゲームセンターのメダル10枚プレゼントというのがありました。それを使って、ちょっとゲーセンで遊びました。

21時すぎ 水着で楽しむ温浴施設「ザ アクアガーデン」へ

13時頃のアクアガーデン 夜はこの奥で噴水ショーがあります

ここに宿泊する上で楽しみにしていたこと2番目、それがアクアガーデンで遊ぶこと。アクアガーデンは水着で楽しめる温泉です。男女一緒に入れるから、カップルや家族連れにもおすすめ。

夜は1時間ごとにレーザー&噴水ショーをやっています。色とりどりのレーザーによる、幻想的なショーでした。噴水ショーは、フランスのベルサイユ宮殿にある噴水ショーを手がけたデザイナーさんが関わっているらしいです。音楽と噴水のリズムがぴったり合っていて、ゴージャスな雰囲気でした。

22時半 大展望露天風呂「棚湯」へ

棚湯からの眺めは、これよりも更によいです(写真はアクアガーデンから。棚湯は男女別温泉のため、撮影禁止です)

温浴施設を楽しんだ後は、温泉「棚湯」へ。更衣室で水着を脱いだあとすぐに温泉に行けるのでとっても便利。

棚湯は、棚田のように広がる温泉から別府市内を一望できる、日本最大級の露天風呂です。この日は曇りでしたが、晴れだったら星が見えて綺麗だろうなと思いました。

ちなみにお湯はそこまで熱くないので、長居するのにもってこいです。

24時 宿泊者用の温泉「みどりの湯」へ

「まだ温泉に入るの??」という感じですが、せっかく利用できるならぜひ行ってみようということで足を運びました。このお風呂は、宿泊者専用で、夜もオープンしています(棚湯は24時まで、日帰り入浴可能)。ホテルの地下1階とのことで眺めはそこまで期待していませんでしたが、高台に位置するホテルというだけあって、ばっちり夜景をみることができました。

24時半 部屋に戻り就寝

ふかふかのベッドで朝までぐっすりでした。

朝8時半 バイキングレストラン「シーズ」で朝食

写真は、夜の和食会席の一部(バイキングの写真を撮り忘れた…)

棚湯から朝日を見る予定だったのですが、曇っていたので断念。ゆっくり起床してバイキング会場へ行きました。

朝食といえども、料理の種類が多すぎる! バイキングでは定番である数種類のパンやご飯、サラダを始め、秋らしい秋刀魚やシェフが目の前で作るオムレツ、お雑煮なんてものありました。ちなみに杉乃井ホテル朝のバイキング人気メニューは、つきたてお餅、すき焼き、フレンチトーストだそうです。

10時半 チェックアウト

宿泊していた本館8階山側からの眺め 湯けむりが上がる様子が別府らしい

ホテルのチェックアウトは11時。次の目的に備え、混雑する前に済ませました。

11時 全天候型プール「アクアビート」へ

10月、しかもオープン1時間後の11時とあって、人は少なめ。

チェックアウトしたらホテル滞在は終わり。と思う方がほとんどだと思いますが、杉乃井ホテルでは、チェックアウト日も施設利用ができます!(チェックインのときにもらうルームカードを見せる必要あり。ちなみにチェックインの14時半前も手続きすれば施設利用可。ありがたすぎますね!)

私が杉乃井ホテルに泊まりたかった1番の理由が、このアクアビート。走って中に入りたくなる気持ちをこらえて、服を脱ぎます(水着はあらかじめ着ておくのがおすすめ)。

ウォータースライダーは全部で4種類 私は、内部が暗いブラックスライダーが1番好き

アクアビートには、波の出るプール、流れるプールのほか、スライダーやジャグジー風呂(外なので10月は寒い)などもあります。オープン期間は4/1〜10/28(2018年の場合)。10月は最終月のため、人が少なく、スライダーはほとんど待ち時間なくスイスイ滑れました。

スライダーは、1人で滑る通常タイプ、浮き輪で滑る1人用&2人用タイプ、ルーレットタイプがあります。1人用のスライダーは、時間帯により通常タイプとルーレットタイプが交互にオープンしていました(おそらく、閑散期のため)。それでも十分です。待ち時間がないって最高です。2時間くらいでかなり楽しめました。

13時 「棚湯」へ

夜も行きましたが、昼の雰囲気も味わうためにもう一度温泉へ。もちろん宿泊したことを証明するルームカードは必須です。プールの水を洗い流し、露天風呂へ直行。

夜は見られなかった、別府の街並みと別府湾を一望しました。人が少なくゆっくりできてよかったです!

ちなみに、アクアビート、アクアガーデン、棚湯、全てバスタオルのレンタル付きです。タオルを持ち運ばなくていいのは楽チン。そして、水着の脱水機もあるので、水着は乾かした状態で持って帰ることができます(持ち帰り用ビニール袋の備え付けあり)。そこまで心遣いしてくれて、本当感謝です!

14時 ホテル出発!杉乃井ホテルありがとう!!

チェックアウトから3時間半も楽しみ、やっとホテル出発。

ありがとう、杉乃井ホテル。また行きまーす!

そのほか、杉乃井ホテル宿泊者が利用できる特典

私は今回利用していませんが、宿泊した方は他にもこのような特典があります。
(2018年10月現在。繁忙期は異なる場合がありますので、杉乃井ホテル公式サイトで確認してください。)

  • ボーリング2ゲーム無料
  • ゴールドジム(スポーツジム) 朝6時〜9時の早朝利用料無料
  • プロジェクションマッピング観覧無料 1日2回

今回利用した低階層・平日トクトクプランはなんと9,800円!

ハロウィン仕様のクリスマスツリー

1泊2食付き2名で20時間ホテルに滞在した私ですが、今回の宿泊費はなんと1人9,800円(税抜)でした。平日の決められた日限定+低階層山側の部屋へ宿泊という、1番お得なプランです(これに食事グレードアップで1,000円+)。

低階層というだけあり、3階か4階だろうと思っていたのですが、案内された部屋は8階でした!全く低階層じゃないですね。ホテルでは常に動き回っていたので、部屋からの眺めを堪能する暇はありませんでした。アクティブな人は、山側の部屋で十分です。

なお、海側の部屋に宿泊の場合は、別府湾が一望でき朝日を拝めます。そして、本館でなくHANA館へ宿泊の場合、部屋がさらにゴージャスなようです。その他にも、8人連れで泊まれる和室や露天風呂付きの客室もあります。

杉乃井ホテル宿泊は、こんな人におすすめ!

家族旅行(特に3世代)

杉乃井ホテルには、さまざまな施設があります。そこでおすすめしたいのが、家族旅行。ディズニーランドなどのテーマパークももちろんいいのですが、楽しむ要素があまりにも多いと、家族みんなの行きたい場所が異なってしまうこともありますよね(お孫さんの好みに合わせると、おじいちゃんおばあちゃんは疲れるなど)。

でも、杉乃井ホテルは広いといえども楽しめる範囲はテーマーパークほど多くありません。孫とおじいちゃんおばあちゃんが温泉で裸の付き合いをすれば、日頃は話せないことをゆっくり話せること間違いなしです!

なお、施設内にはバリアフリー対応の家族風呂があり、車椅子などで来館された方も家族と温泉を楽しめます。子連れの方向けには、子供が遊べるミニテーマパーク、バイキングには赤ちゃん向けの離乳食や子供用のバイキングコーナー(料理を置いてある台が子供の目線の高さになっている)もあるので、小さなお子様もとっても楽しいですよ。

ちなみに、私も小学4年生のとき、3世代+いとこ家族で杉乃井ホテルへ泊りました。いつもはおじいちゃんの家に集合するご家族も、たまにはホテルへ集まることにより特別感を味わえます。料理の準備・片付けの必要もなく、お母さんは大喜び!

ゆったり旅をしたい友達同士やカップル

おんせん県大分に位置する杉乃井ホテルには、温浴施設がもりだくさん。日頃、仕事で疲れている人には最高の施設です。ホテル内は広いですが、移動はバス、しかも浴衣&スリッパOKなので、くつろいだ姿で楽しめます(本来は、宿泊の本館から棚湯などがある棟まで全て館内通路で移動できますが、このときは通路工事中のためバスを使いました)。

別府観光より、ホテル滞在重視

ホテルにはたくさんの施設があるので、1日いても足りないくらいです。ホテルに滞在して、過ごしたい方に向いています。雨でもほとんど濡れることはないので(露天風呂は少し寒いですが)、天候に左右されず安心です。

杉乃井ホテル宿泊に向いていない人

別府観光を重視している人

別府には多くの観光地があります。

  • 地獄温泉巡り
  • 水族館・うみたまご
  • 高崎山自然動物園(サルがたくさんいます)
  • サファリパーク
  • 城島高原パーク(旧城島後楽園ゆうえんち)
  • ハーモニーランド(サンリオキャラクターの遊園地)

これらの施設を気がすむまで巡りたい方には、ほかのホテルの方がいいかもしれません。杉乃井ホテルは本当に楽しいので、1日いても足りません。杉乃井ホテルに滞在するなら、施設を楽しまない方がもったいないと思います。
別府観光重視の方は、立地がよく、温泉と食事のみのシンプルなホテルに泊まるほうが観光地をエンジョイできるでしょう。

ホテル内で動き回りたくない人

口コミを見てみると「ホテルが広すぎて回るのに疲れた」というネガティブな意見もあるようです。「ホテルは寝る場所」と考える方には、杉乃井ホテルは広すぎるかもしれません。

一人旅の人

そもそも1人用のプランは見つけられなかったのですが、仮に1人で宿泊する場合は寂しさ倍増です。友達や家族、パートナーと一緒に行くのが正解!

温泉地でリラッスしたい方は、1日遊べるホテル「杉乃井ホテル」へ宿泊してみては??

1泊2日で、温泉もプールも食事も堪能できる杉乃井ホテル。友達同士でも、カップルでも、家族連れでも楽しめます。

次の連休で泊まる場所が決まっていないあなた、満足度120%の杉乃井ホテルへ泊まってみてはいかがでしょうか?

杉乃井ホテル公式ウェブサイト→https://www.suginoi-hotel.com/

The following two tabs change content below.
hanablo

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。

ツイートしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。