Zoomでオンライン結婚式をやってみた! 準備・進行・費用のまとめ

先日、オンライン結婚式をしたはな(@hana8787hanae)です。

流行に乗っかり、Zoomを使ったオンライン結婚式をしてしまいました!

数日たって、やはりやってよかったなと思います。

 

私たち夫婦は、セブ留学中に出会いました。

留学時代の共通の友人が多いということもあり、オンライン結婚式はライブ感のあるお披露目会であり、同窓会のようでもあり、とても楽しい時間になりました。

せっかくなので、記事としてまとめたいと思います。

オンライン結婚式とは

この記事でいうオンライン結婚式とは、インターネットに接続した画面の前で行う結婚式のこと。

新郎新婦は自宅から結婚式の様子をオンラインで発信。

参加者は自宅のスマホやパソコンからそれを見るという形式です。

オンラインツールは、Zoomを使いました。

 

私たちは、入籍して丸1年でこの会を企画しました。

もともと今くらいの時期に「友達を呼んでお披露目会したいね」と話していたんです。

でも、忙しさなどいろんなことを理由に流れてしまい、結局タイミングを逃していました。

このオンラインが流行りだしたご時世「流行に乗って、オンライン結婚式しちゃう?」とノリで企画したのがこの結婚式です。

Zoomオンライン結婚式の準備

オンライン結婚式をしたのは、5/3。

やると決めたのは、4月の中旬だったと思います。

夫は「準備することもないし、来週でもいけるんじゃない? なんなら明日でもできるよ」と言っていました。

しかし私は、

「せっかくなら、ゴールデンウィークの休みにかぶせたい。外出自粛で家にいる人も多いだろうし、エンタメの1つとして気軽に見てもらえたら」と思いました。

なのえ、ゴールデンウィークの連休中、しかも、日曜の昼間に決行してみることを決意。

準備1.【2週間前】SNSで告知・物品の準備

日程を決めてすぐにSNSで告知しました。

ゴールデンウィークの予定はみんな分からないよな、と思いながらも、一応先手だっての案内です。

夫は、この時期に動画作成をしていました。

さらに、装飾で使う風船と、新婦のベールを注文。

ベールは、画像越しに見えるだけなのでそこまでお金をかけなくても大丈夫。

風船も簡単なもので、ある程度大きさがあれば大丈夫。

ヘリウムガスは買わず、自力で膨らませました。

※実際は楽天で購入したので、こちらで紹介したものとは費用やデザインが多少異なります。

準備2.【2日前】SNSで告知2回目

1回目の告知から2週間ほど開けて、本番2日前に2度目の告知…

遅かったなとは思いました。

もうちょっと早く2回目の告知をすべきだったなーと。

準備3.【前日】スケジュールの確認と協力メンバーへの連絡

前撮りは半年ほど前にしていました。撮影しておいてよかったです^^

いよいよ結婚式をするという実感が高まって来たので、スケジュールを確認。

(遅いですよね。すみません)

せっかくSNSで呼びかけるなら、参加する方にも楽しんでほしい。

予定している2時間で、できる限り夫婦で仲良くやっていることを伝えたかったし、参加者の方ともコンタクトを取りたい。

ということで、1時間ちょっと話し合い、スケジュールを再度完成させました。

1時間しか話し合っていないというのが、ぶっつけ本番好きな私たちならでは。

でも、このギリギリの話だったからこそ、いろんなアイディアが湧いて楽しかったです。

喧嘩もしなかったし、ほどよいディスカッションをして考えをすり合わせる体験ができました。

協力メンバーへも、この日に連絡。

直前で協力してくれた方、ありがとうございました。

準備4.【2時間前】部屋の装飾と、ケーキ、花の調達

せっかく式をするから、飾り付けはちゃんとしたいよね、ということで、準備しました。

装飾のために準備したものはこちら。

  • 横断幕
  • ハートの風船(通販で購入済み)
  • 2人の名前の習字
  • 生花

横断幕と名前の習字は、留学中の仲間からいただいたもの。

この横断幕「この日のために作りました!!!」なんて存在感が溢れています。

もらっててよかったです。そうまくん、ありがとう!

名前の習字は、留学していた語学学校のスタッフさんに書いていただきました。

当時、卒業生全員がプレゼントされていたものです。

こんな場面でお揃いの名前を並べるとはびっくりですね。

書いてもらった当時は付き合っていなかったので、書いたご本人も周りの方も、驚いたと思います。

そして、ケーキ。

ウエディングケーキはさすがに無理なので、50メートル先のケーキ屋さんで4号のショートケーキを購入しました(予約は前日に)。

お花は、いつも買っているスーパーで安いものを買えばいいかと思ったのですが、せっかくの機会だから花屋さんへ。

 

私が花を買いに行っている間に、家の壁がデコレーションされていました!

15分でできる結婚式準備、最高!笑

風船ふくらますのは大変そうでしたが。笑

 

私は、あらかじめ注文していた白のベールを髪につけて、白いワンピースを着用。

これがあるだけで特別感満載です!

準備5.【30分前】カメラのセッティングとFacebookライブ告知

周りの装飾ができたところで、カメラのセッティングをします。

カメラは、パソコンから。

そして思いつきでFacebookのライブも繋ぐことにしました。テストで配信!

初めてのライブ、会が始まる前から「〜〜ちゃんが見てるー!ありがとう!」と大興奮した私。

サプライズ【20分前】お花の配達

もうすぐ開始時間だーとバタバタしていた頃、突然インターフォンがなりました。

聞くと「お花の配達です」との声。

お花を送ってくれた方、誰だろうと思って見てみると、フリーランス仲間の女性3名からでした。

まさかのサプライズ、そして時間もちょうどよくて、嬉しかったです^^

そこから会を開始する運びとなりました。

Zoomオンライン結婚式、私たちのタイムスケジュール

実際のスケジュールはこちら^^

夫が言っていたのが「オンラインだからこその企画をやりたい」ということ。

私はピンと来なかったのですが、オンラインゲームも会の中に取り入れることにしました。

Zoomオンライン結婚式の実際

さて、開始時間の12:30になると、みんなが続々と集まってきました!

画面上に。笑

その数、なんと30人弱。

Facebookライブも少しずつ数字が増えていきます。

時間になり、オープニング動画を流し、新郎新婦の自己紹介をしてと会が進みます。そして乾杯!

この時間が1番視聴率高かったかな?

あとから見返しても、Facebookの方のコメントも多かったです。

指輪交換もしました。

BGMは新婦の生歌です。

木村カエラさんのButterflyを歌いました。

歌に集中しすぎて、指輪交換をした記憶がありません…

Facebookライブでは、友人たちがハートの「いいね!」を飛ばしてくれました。

指輪交換が終わったら、司会者(友人)から私たちに質問する時間。

ZoomとFacebookの双方のチャットに出て来た質問を拾いながら、30分弱2人の話をみんなにお披露目しました。

楽しかったです。

 

その後は、ケーキ入刀!

写真を撮ってくれた方がいました。

ケーキ入刀を画面越しに撮影するのって、今風ですよね。視聴人数も写ってますww

そのあとは、全員参加型ゲーム。

グループ分けした中でハートを作り、その中で1番綺麗にできたチームのうち3名にアマゾンギフト券をプレゼントするというもの。

どのチームも個性的な作品が出来上がりました。

あらかじめ決めていたポジションで協力してくれた3名にギフト券をお送りしました(先に伝えておけばよかったのですが)。

その後は、参加者の告知タイム。

フリーランスが多いので、みんながやっているビジネスやSNSを宣伝しました。

 

会が終盤にさしかかってから、新婦自らの弾き語りライブww

練習したのは1日だったので披露するか迷いましたが、せっかくだったので演奏しました。

間違ったけど。笑

曲は、結婚式の定番曲、Superflyの「愛を込めて花束を」です。

人生で一度は弾き語りをしたかったので、願いがかなってよかったです。今度はもう少し練習しなきゃいけない。

弾き語り中に「新郎も歌ってよ」とコメントがあったので、夫も一緒に歌ってくれました。

ほっこりする時間が流れたと思います。音楽っていいですね。

そして、締めのあいさつをした後、オンライン結婚式は幕を閉じました。

Zoomオンライン結婚式の感想

率直に言って、楽しかったです。

結婚式の最中はもちろん楽しかったですが、それ以上に終わった後の余韻がよかったと感じました。

会が終わってからも続く、満足感、そして幸せに満ち足りた気持ち。

後ろを振り返れば、この日の結婚式のためだけに装飾した壁。

壁はいつもと同じ場所に存在するのに、そこに垂れ幕やハートの風船、色とりどりの生花があるだけで非日常的な空間に早変わり。

いつもの部屋が一生に一度の特別な空間になる感覚、分かりますか?

通常、結婚式場で式を挙げると、式場を貸し切れる時間は2時間、長くて2時間半ほどです。

慌ただしく準備をし、お色直しをし、余興やあいさつなどのプログラムが進み…もちろんそれも特別な時間で楽しいのですが「あれだけ準備の時間と金額をかけたのに、結婚式の時間は一瞬で終わってしまうんだな…」ということに少し違和感を感じたことがありました。

しかし、オンライン結婚式は自宅でできます。

自分の好きなように飾った壁やお花を、心ゆくまで眺めることができるのです。

そして、Zoomの映像を録画しておけば、結婚式のビデオ録画と同様、友人と分かち合った雰囲気を思い出すこともできます。

案外、オンライン結婚式も捨てたもんじゃないと思いました。

Zoomオンライン結婚式、参加者の感想

友人数名がツイートしてくれたので、こちらで共有したいと思います^^

Zoomオンライン結婚式にかかった費用

この結婚式、どのくらい費用がかかったか気になる方もいると思います。

ちょっと計算してみました。


予想通り、1万円もかかっていません。

これに加えて費用がかかるとすれば以下のような感じだと思います。

  • Zoomの有料会員代2,000円
  • 壁紙or垂れ幕代
  • 動画代(我が家は夫が自作)

ちなみに、会の最後にPaypayのQRコードを貼ってお祝儀を集めたので、費用はペイできました。

ありがとうございました。

Zoomオンライン結婚式は令和の新常識になるかも!

オンライン結婚式、とても楽しかったです。

人生に一度の結婚式をオンライン上で行うには、いろいろと葛藤があると思います。

「親や親戚にもお披露目したいから実際にみんなで会える結婚式がいい」

「オンラインでは感謝が伝わらないと思う」

「画面越しでは、一生に一度の記念にならないのでは?」

たくさんの意見がありますよね。

 

もし、私たちが実際の式場での挙式を予約しており、それがこのご時世の影響でできなかったのなら、オンライン結婚式を躊躇していたかもしれません。

しかし、私たちが今回のような結婚式で叶えたかったのは「同世代の親族や友人にお披露目すること」「気軽に参加してもらうこと」でした。

この目的は、オンラインでも十分叶えられたかと思います。

私たちはこの形で結婚式を行い、家族・友人40名以上の方からおめでとうの言葉をかけてもらって嬉しい気持ちになりました。

形がどうあれ夫婦としての節目を作りたい方、たくさんの友人に気軽に参加してほしい方にはおすすめの方法だと思います。

結婚式をしたいけどなかなか踏み切れない方は、この機会にオンライン結婚式に踏み切ってみるのはいかがでしょうか。

【募集】Zoomオンライン結婚式のリアルな体験談を知りたい方へ

せっかく結婚式をしたので、私たちの経験が誰かの結婚式に役立てばよいなと思いました。

そこで、オンライン結婚式の相談に載ってほしい方を募集します!

【これから結婚式を挙げる夫婦向け】

  • 1,000円/時間(6人目からは変更します)
  • 何組でも相談に乗ります^^
  • オンライン結婚式の準備や企画内容を一緒に考えます。

【結婚式場のスタッフさん向け(個人で結婚式関係のビジネスをされている方も含みます)】

  • 3,000円/時間
  • 先着3社限定です。
  • オンライン結婚式の感想、アイディア出し、感想のライティングやインタビュー取材(内容によっては、別途料金をいただくことがございます)※夫が動画制作の仕事をしています。興味のある方はお問い合わせください。

オンライン結婚式の相談について、ご興味がある方は問い合わせページからお願いいたします。

The following two tabs change content below.
hanablo

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。留学中に看護師以外の仕事をしたくなり、ブログやウェブライターの仕事を始める。セブ関連の仕事をこなしつつ、2019年春から看護師パートも始めたアラサー。平成最後の月に結婚しました! 目標は、家族との生活と仕事を両立させて幸せな毎日を送ることです^^ 自分の看護師経験を活かし、看護師さんに役立つ内容や、自身が主催・参加するイベント情報を書きます。

ツイートしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。留学中に看護師以外の仕事をしたくなり、ブログやウェブライターの仕事を始める。セブ関連の仕事をこなしつつ、2019年春から看護師パートも始めたアラサー。平成最後の月に結婚しました! 目標は、家族との生活と仕事を両立させて幸せな毎日を送ることです^^ 自分の看護師経験を活かし、看護師さんに役立つ内容や、自身が主催・参加するイベント情報を書きます。