“Travel・Night”と称した旅好きの集まる会を福岡で主催してみた!@博多B&C Gakubuchi

だいぶブログをサボっていたはなです。

見返すと、最後の更新から2ヶ月経っている、、、

福岡に来ていろんな知り合いもでき楽しく暮らしているのですが、なんかセブにいたときと比べると毎日ワンパターンなんですよねー

理由

  • 引きこもっている
  • 本を読んでいない
  • 自分の思いを発信していない

このままじゃいけないなと思いながらも時間は経つばかり。。。

そんなときに、2ヶ月前のイベントを思い出しました。

それは、知り合いのゲストハウスの一品持ち寄りパーティーに友達を誘って参加したときのこと。私が連れて行った友達がワーホリ経験者、その友達もワーホリ経験者、そしてたまたま来ていた常連さんもワーホリ経験者ということで、ワーホリの話ですごく盛り上がりました。そこで、「ワーホリ経験者とこれから行きたい人を集めた会をしたら面白いんじゃないか」という話になり、企画してみました。

企画名「ワーホリ・ナイト」です。

会場は、博多にあるB&C gakubuchi

B&C Gakubuchiとは、博多区呉服町にあるゲストハウス。2017年6月のオープンから1年ちょっとが経過した、今福岡でノリに乗っているゲストハウスの一つです。

実はここ、私が4年前にスタッフとして働き海外生活を始めるきっかけとなった「ゲストハウス阿蘇び心」と同じオーナーさんが経営しています。

現在働いているスタッフは4年前にいた方と別ですが、阿蘇び心ならではのホスピタリティーマインドがしっかり受け継がれており、居心地のいい空間です。

(記事の後半でB&C gakubuchiを紹介するよ!)

ワーホリナイト→旅について語る会へ変更して開催

自己紹介シーン

はじめは、ワーホリ経験者やワーホリに興味がある人を集めたいと思って企画していました。しかし、参加予定者の中にワーホリ経験者がそこまで多くなく「海外」というくくりで語ったほうがみんなが話に入れるんじゃないかということで、急遽内容を変更することに。

参加者は、スタッフの友人やゲストハウスの宿泊者、私の友人など計12人。

会でははじめに全員自己紹介をして、海外旅行で訪れた中でよかったところなどさらっと語ってもらいました。

そしてその後は、用意してあったお題に沿って挙手制でみんなに質問を投げかけてみました。ときには、参加者からの「○○についてみんなどうしてるの?」という声に答える形で話が進んでいきました。

お題や、みんなで語った話の一部はこちらです。

  • 今まで訪れた絶景はどこ?
  • 旅の中でのトラブルは?
  • 旅するときに絶対もっていくものは?
  • 旅中、お金はどうやって保管する?
  • 旅に英語って必要?帰国してどうやって英語力を維持しようとしてる?

みんなで輪になり、一つのトピックについて語り合う姿は某テレビ番組、○メトークさながら。

途中、話が外れた場面もありましたが、みなさん旅の魅力やそれで人生観が変わった話など思い思いに話していたようでよかったです!

(ちなみに食事は参加者全員で1品ずつ持ち寄り、飲み物はgakubuchiのスナックでそれぞれ注文)

9月も開催したいと思ってます!お楽しみに!

会が開かれていた2時間はあっという間でした。この日会ったばかりの仲間と「旅」という共通の趣味を通して話を共有し、一緒に笑いあえる時間は非日常的でリフレッシュできるものだったと思います。会終了後も仲良くなった人同士で話が続いていて、連絡先を交換する姿も見られました。

この会が、出席した方にとって楽しい経験の一つとなっていれば嬉しいです。

今回、参加人数もテーマもざっくりとしてちょっと大雑把でしたが、次回からは告知をしっかりしてもう少しまとまりのある会にできたらと思っています。あとは、楽しいだけじゃなく、1人ひとりが何か学べる会になるともっと嬉しいです。そこまでするのは簡単ではなさそうだけど。

興味ある方は、第2回でぜひ参加してください!!

B&C gakubuchiは、スタッフ力と清潔さが最高の宿!立ち寄りOK!

会場となったB&C Gakubuchiはゲストハウスとしてはもちろん、立ち寄りのスナックとしても利用できます。ゲストハウスのゲストさんに加え、近所に住んでいる常連さんもよく訪れるみたいです。「地域の人に愛されている場所なんだなー」と実感します。

宿としては、大手のウェブサイトBooking.comやじゃらんに掲載されています。なんと口コミ評価9.4以上!!スタッフのホスピタリティーと清潔感に対しての評価が抜群に高い宿です。福岡にお泊まりの際はぜひご利用ください。

The following two tabs change content below.
hanablo

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。

ツイートしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。