旅人たちの語学学校”クロスロード”のスピーチクラスに毎週参加して身につけた3つのスキル

とうとう9週間の留学を無事に終えることができました、はなです。

いやー、一言で言うと大変でした。

今回は、英語の勉強というより「ライティング記事を書く」という目的で留学していました。英語授業を1日4時間受けながらライティングの仕事を4〜6時間、しかも他のも合わせてしなきゃいけないのは大変でした。

そこで、短期間で英語を伸ばすのに何か手っ取り早いか考えた結果、スピーチクラスに毎週出てみようと決意。

年末年始などの2週を除いて、ほぼ毎週参加しました。

クロスロードのスピーチクラスとは

私が留学させていただいていたクロスロードという学校で毎週金曜の午後に行われる授業。

新入生と卒業生は、必ずみんなの前で英語でのスピーチをする必要があります。

その他の生徒は、任意で参加となっていました。

が、シェアメイトのYくんが毎週出ていたのもあり、私も真似して出てみることにしました。

留学していた9週間でスピーチした内容は以下の通りです。

  • クロスロードに留学した理由
  • ある本を読んで、背中を押された話
  • 2018年の目標
  • ブログを書くことでのメリット
  • シノログフェスティバルのボランティアに参加して得た、ボランティア活動の意義
  • あるメンターから学んだ、経営者として働く上で大切なこと
  • 将来やりたいこと

合計7回、いろいろなことをトピックにしたものです。

以前、ブログを100日連続で書くために毎日トピックを探していたのが今回すごく役立ったと思いました。

ほぼ毎週、クラスメイトの前で英語のスピーチをすることにより得られたスキルは以下の通りです。

使える英語のフレーズが増えた

スピーチをするためにはじめにするのが、原稿作り。

自分の知っている単語はもちろん、新しく学んだ単語や文法を使いながら英語の原稿を作りました。

そして、作った文章は一度先生に添削してもらい、きれいに推敲しました。

あとは、それを何度も読み込む!!

覚えられればよかったのですが、丸暗記できなくても同じ文章を何度も読むことで新しく学んだ単語を文章や他の英作文に応用できるようになりました。

とはいえ、最終週にスピーチ原稿を全て暗記したところ、使える英語フレーズが格段に増えた気がしました。やっぱり、暗記するのはオススメ!!

英語を話すのが上手くなった

人前でスピーチするというのは、ただ1人で音読するのとは違います。

私がやっていたのが、先生の朗読を録音し、その音源を元にシャドーイングの練習をすること。

(シャドーイング:英語の音源の少しあとに同じように音を追いかけること。英語上達に有効な勉強法の1つと言われている)

これを聞きながら練習することで、英語独特のリズムやアクセントになれることができました。

また、話すのが上手くなってきてから先生に注意されたのがこのことです。

「早口になりすぎて発音が中途半端になってるよ。しっかり基礎的な発音をマスターしてから早く話すのを練習したほうがいい」

これを言われてからは、意識的にゆっくり話し1つひとつの言葉を丁寧に話すことを心がけました。

(そうすると別な先生に、もっとリンキングしたほうがいいよ言われた〜

バランスってむずかしいですね)

リンキング:英語を発音するときに、前後の単語が繋がり、別な音になること。

人前で話すことにかなり慣れた

毎週スピーチをして得た1番のスキルはこれかもしれません。

人前で話すのにかなり慣れました。

もともとそこまで苦手なタイプではなかったのですが、やはり人前で、しかも英語で話すのってかなり緊張しますよね。

今までは先生に、「相手の目を見て話しましょう」と何度言われても、壁や天井ばかり見ていました。

しかし、毎週のように人前で話すことで、聞いている人の目を見て話すことができるようになりました。

さらに、相手が理解できるスピードで、自分の気持ちを伝えたいと考えながら話すスキルもゲット!

ここはすごく成長したところだと思います。

スピーチで毎週人前で話していたことで、日本語で行った15〜20分のプレゼンテーション(ワーホリ体験談について)でもあまり緊張せずに話せたかなと思います。

また、最終日の卒業スピーチでも自分でも驚くほど落ち着いて英語を話せたし、毎週見てくれていた友達にも「最後のが1番聞き取りやすかった!」と言ってもらえました!やったね^^

今までの経験が自分のものになったなーと実感。

(人の興味を惹きつける話し方、話の最中に笑いを取りたい!など、課題はまだまだありますが…)

まとめ:習うより慣れろ!

英語でスピーチをする

日本に普通にいても体験できないことを語学学校で実践でき、とても勉強になったと感じています。

習ったことは忘れてしまうと思うけど、きっとどこかで思い出すタイミングがあって、

そういうときに過去の経験って絶対生きてくると思うんですよね。

なので、今回のことは自分が得た1つのスキルとして今後も活用していきたいです!

クロスロードのスタッフやフィリピン人講師、毎週見守ってくれたクラスメイトに感謝!

おまけ

この記事を見て、クロスロードに留学したくなったあなた!

学校の詳細をもっと細かくお伝えします^^

よろしければ、コメント残してください〜

The following two tabs change content below.
hanablo

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。

ツイートしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hanablo

ナースのお仕事を辞めて、海外へ。2015年9月からフィジー留学、オーストラリアワーホリを楽しんだ後にフィリピン・セブへ渡航。はじめは6週間の予定だったがセブ留学中に出会った人との縁でWEBライターやゲストハウススタッフとして働き、計3回9ヶ月滞在。その後は、日本でフリーランス&ナースとしての自由な働き方を模索している。